[ダイエット] 卵と卵製品の食べ方_四群点数法+α


今回は卵についてお話ししますね


卵と卵製品の食べ方_四群点数法+α

卵は四群点数法では一群カルシウム、ビタミンB2が豊富に含まれ、

それ以外にタンパク質、鉄、脂質、鉄等の様々な栄養素を含む食品群になります。

特に白身は低カロリーなタンパク質でダイエットの強い味方です。

近年はニワトリの育った環境問題や食べる餌が遺伝子組み換えのコーン飼料だったり等の

問題も話されていますので、出来るだけ環境の良いところから手に入るものを食べるように

心がけてくださいね。

卵の1日の目安は1点です。

1個がおおよそ1点=80Kcal です。

ゆで卵。

目玉焼き。

だし巻き卵。

オムレツなど卵料理はとても人気があります。

全体の色合いを考える時にも便利です。

1個は少ないように感じますが、コレステロールの問題のない方であれば

たまに2個にして豆類をなくす日があったとしても問題ありません。

あくまでも前後3日ほどでバランスを取れていれば問題ありません。

油を使って料理するものは、どの油をどのくらい使うのかというところには

注意をしてください。

気をつけるのは調味料

使って作るものの点数の数え方。

あまり細かくなる必要はないと思います。

これも動画でご紹介しますが、家族が3人であれば

だし巻き卵は3つの卵で作って、出来上がりを3等分する形が1番

わかりやすい、作りやすい方法ではないかと思います。

私はだし巻き卵にはちみつを少し入れますが、はちみつは計算に入れていません。

その辺は柔軟で大丈夫です。

ただ、焼く時に使う油は気をつけてください。

植物油は避けていただき、ココナツオイル、バターを使ってください。

油のお話は、また別の機会で!

先ほどお伝えしたように、調味料に関してはとてもたくさん使うものは計算しますが

私は少量使うようにしてあまり気にしなかったです....と言っても

もともと素材の味を大切にすることとお塩の味を大切にして食べるようにしています。

20点の食事をしていくと油や砂糖の量等、全てが限られてくるので

素材の味を大切にした薄味のものでも美味しく感じるようになります。

逆に外食で卵をオーダーする時には注意が必要です。

オムレツ、オムライス等を注文すると

卵の量は1度に5個くらいと言われています。

その卵にたくさんの油も使っていますので要注意です。