はじめましての方へ


はじめまして!

このサイトに遊びにきてくださり、ありがとうございます!



ハワイ在住のホリスティック管理栄養士のRika です。

こんな風にお伝えしていますが、実際に管理栄養士の勉強をしていた大学時代は

食事と体の関係を真剣に自分の生活と照らし合わせたことがありませんでした。



人間の体って本当にすごい!ということをわかるまでに時間がかかりました。

実際に自分が、家族が....経験、体験することで、

また新しい情報を学ぶことでわかるようになりました。

体は本当に1番正直で、結果にでます。


例えば、体重を減らしたい人が体を理解して正しくバランス良く食べていけば体重は自然に減っていきます

体の調子が悪い時にはちゃんと治ります。

何かおかしいなと感じている時にはその理由があるがあるので

その理由さえきちんとわかっていればそれを治すことができます。






私は小さい頃から食べることが大好きでした。

好きなものを食べたいだけ食べていた子供の頃..... ぽっちゃりしていたし

その後喘息や軽度のアトピーになったのがどんな理由があるのかは

考えたこともありませんでした。


幼稚園の時に喘息になり3年のうち半分以上は幼稚園に行かず入院をしていました。

私は喘息に良いと言われていた水泳を小学生ではじめました。

喘息はなくなりとてもよくなりました!

小学校の高学年では、毎日1時間の筋トレと2時間の水泳を週に6日.....

この生活がたくさんのエネルギーを作ってくれて私の健康を支えてくれていたんだなあと

今は実感していますが....この頃はそんなことも考えず楽しい毎日。

もちろん好きなものだけをたくさん食べていましたが、太ることはありませんでした。

そんな小学生時代でした。

が、卒業して水泳のチームから退くと生活が変わりました。

女子校育ちだった私は生理がきたことでなんだかとても恥ずかしいという思いが先に立ってしまい

あんなに楽しかった男女合同の水泳の育成チームに戻るのが嫌になってしまい

水泳をやめてしまうことになりました。

そして、体重は1年で一気に15キロも太ったのです。

普通は運動をやめると食欲も減る方もいるようなのですが私の場合は

食欲はそのままだったので落ちるどころか食べることに集中....

それが15キロの結果をうんでしまいました。

中学生のそのころはとても太っていることが気になる年齢でした。

それを言葉には出さなかったけれど密かに華奢な可愛いお友達が羨ましいなと思っていました。

その後も私はスポーツが大好きだったので部活に入りましたが、

私の心の思いとは裏腹に体重は痩せるどころか、筋肉ガッチリ体型をずっと気にすることになります。

運動をすればお腹も空くので、食欲はマックス!

この頃は常に60キロ前後の体型を保っていた思い出があります。



がっしり体型はいつも気にしてはいましたが、痩せることはほとんどありませんでした。


高校時代は流行りのダイエットを部活仲間とやりました。

いかに短期間で痩せて、痩せた後にケーキの食べ放題やピザの食べ放題に行くのか.....

今考えるとお恥ずかしい......

そんな考え方だったのでグレープフルーツダイエット、茹で卵ダイエットなどの1点、

短期集中のダイエットをやってはリバウンド(リバウンドをするためにダイエット?!)

若いって.....今は言葉も出ませんがそんなものなんです、きっと。




その後大学では、栄養学のスペシャリストと言われる管理栄養士になるための学科を選び

結果、管理栄養士になりました。

あの頃の自分を振り返ると....学校嫌いでした。

授業が毎日とても忙しかったのですが、その状況を楽しむことができず、

今なら勉強したいと思う教科、生化学、栄養学、解剖学、調理学.....

数々の授業を理解したいとも思っていなかった....ひねくれていた私がいました。
残念です....


その頃の私はまだまだぽちゃぽちゃ、食生活は褒められたものではありません。

食べたいものを食べたいだけ食べる.....自分で選ぶ食事のバランスを考えられるようになりはじ

イマイチだったなと今でも振り返ります。

そんな風な考え方から変化があったのは出産と育児を経験してからでした。





母親の食生活は体を通して子供に伝わります。

家庭をもつと、母親・妻の食に対する意識がパートナーや子どもに大きく影響します。

もしチャンスがあるならば実践するかどうかは別としても

新しい情報も知識の1つとして聞いてみるということは大切だなと思います。


ストレスがない生活を送るためにできることを自分のできる範囲でしていれば

体は正直に反応します。

病気になってしまっても、自分のチョイスがたくさんあれば

それだけ治癒への道がたくさんできると思います。


でもまずは....

1:食生活
2:体に必要な筋肉を正しくつけること
3:安定した心

という3点だと私は思っています。


この3つの中の1つ目「食生活」は、私がたくさん勉強して、経験して、

実際に試してきた得意なところ。

今でも勉強し続けています。



2つ目「体に必要な筋肉を正しくつけること」は、まさに自分も挑戦してきて、それを実感しながら、

まだ挑戦している最中。



3つ目「安定した心」は、いつも考えて1番良いと思うことを実践しています。





自分の体は自分で作れるし、自分の体は自分で守れます。

こちらでは「ハッピーダイエット」(四群点数法+α) という食事指導法を基本に進めていきます。

まずはゴールを決めましょう!

どうぞよろしくお願い致します。




★こちらで紹介する食事療法の基本がわかります
                                          「バランスよく食べて痩せる方法 四群点数法
★目標を決めましょう!「目標体重を設定する