痩せる生活を続ける方法



痩せる生活を続ける方法


こちら数日前のディナーです!

ちょっと写真だと少なく見えますか?

実はかなりボリュームのあるディナーでした

写真の撮り方がまだまだだなあと反省です


決められたカロリーの中で食事をするときに大切なことは

メリハリをつけて
お腹が空きにくい、
ストレスをためにくい
自分にあった食事の仕方や食事の作り方


を見つけていくこと

だと私は思っています

私は油は(特に植物油脂)あまりお勧めしていません

でもお腹が空いたり、他のものであまりにも満たされない時には

良質で体に良い働きをする油を決められた量だけ

ポイントを置いて使うことをお勧めしています


例えば、朝少し、昼少し、夜少しと使っていると

油をどこで使っているのか感じられず、お腹もいっぱいにならず

お腹が空いてやけ食いの結末になってしまうことがあります

(ちなみに私は普段はあまり大量の油を欲しないので少しずつの使い方をしています)

そんな時の回避は、

1回の食事や料理に多めに油を使うこと
(...と言っても大さじ1が1日に取れる油の量です)

が1つ。

もう1つは

少しの油を使うとしても食材に脂質が少し多めの食材を使うこと

をお勧めしています


これはあくまでも健康でエネルギーのある方への提案です。

例えば普段は鶏のささみや胸肉をお勧めしていますが

もも肉だったり、牛肉のステーキ肉を食べるのもいいと思います。

その際には前後の3日ほどでバランスをとってくださいね。

動物性の脂肪はもちろん取りすぎはよくありませんが

体への影響を考えてみると酸化をしにくい油なので

考えて食べるようにすると良い効果もあります。

タンパクなお肉で物足りなくてストレスがたまるよりも

たまに脂質の多いお肉で心を満足させてあげて

今後も続けていこうという前向きな気持ちになるための食事を

取ることは決して悪いことではありません。


脂質を多めに取ることで腹持ちも良くて満足した食事になることは

間違い無いかなと思います。



今日の私のディナーを見てみましょう!

おおよそ6.5点=520kcal (インスタの投稿で計算間違いを見つけました💦)

ごはん4点/野菜0.5点/ ひき肉1点/卵1点

朝何を食べたのか?

昼何を食べたのか?

によって夕飯に食べるものもかわりますが

この日の夜は1点分の鶏ももひき肉を使いました

ちなみにこのワンプレート

油に使ったのは目玉焼きを焼く時のバター小さじ半分のみ

ターキーのひき肉は十分に熱したフライパンに入れると

それだけで油の役割をしてくれます

少し炒めたら火を止めて少し肉汁と油を出して、再加熱。

その後に切っておいた野菜を入れて十分に炒めると

鶏の油が全体に十分に廻ります

カレーパウダー美味しいお塩を加えて最後少しだけ水溶き片栗粉

で仕上げます。鶏肉からの油が野菜にも回るので

お腹の満足度は茹でたり蒸したりするよりもずっと高いです

付け合わせはにんじんのラぺと茹でビーツを合わせたサラダ

仕上げに目玉焼き

私はテフロンを使わないので、十分に熱したフライパンに、バターを少し引いて作ります🍳

フライパンは、熱すぎてはダメだけれど十分に熱することで、
余分な油を使わなくて済むし、食べものもくっついて無駄にしなくても済むので、
火加減を注意することは徐々に慣れていってくださいね

ダイエットは、拷問ではありません

見た目も楽しく、今日もがんばったな…と自分にご苦労さまって
言えるように続けていきましょう
!