ako.です。

今回は自己紹介をさせていただきます。

ーーー

夫、娘、息子の4人家族です。

小さい頃からお菓子やパン作りが

大好きで、大学では食物学、栄養学を学びました。

子どもの頃の夢は

興味あることに沿ってケーキ屋さん、パン屋さん

→獣医→テニスプレーヤー。

大学卒業後は医療事務の仕事をしました。

姉の子どもと接している中で子どもが好き、と気づき、

医療事務と平行して保育園でお手伝いとしてアルバイト

をはじめました。

そこで一緒に働いていた保育士さんに保育士資格は

国家試験に合格すればとれるよ、と聞き、独学し

資格をとりました。

結婚し、子どもを授ったとき。

保育士としての勉強はしてきたものの、子育てとなると

全く違う疑問や不安がたくさんありました。

常に、重い責任を背負っている感覚。

とくに病気に関しては敏感になっていました。

子どもがコホン、と咳をすればすぐに病院に行き、

薬や吸入を当たり前に頂きました。

予防接種も計画を立てて全て受けました。

それが賢い親だと思っていました。

病院で我が子は喘息、と診断され、念のための薬と

吸入を毎日することになりました。嫌がる子どもに

必死に飲ませ、私は満足していました。

---

いつの日からか、ふと元気な小さな体の子どもに

毎日薬を飲ませることに疑問を感じ始めました。

ネットでいろいろ調べていくうちに

「自然治癒力」という言葉に出会い、人には元に戻ろう

とする力「ホメオスタシス」がある、と知りそこから

自然療法のことを勉強し始めました。

はじめは精油。

癒しにしか使うことをしてこなかったものが病気のときに使える?

メディカルアロマの存在、心と体がつながっている

ことを30才で初めて知りました。

気づかせてくれた、ですね。

クレイ、フラワーエッセンス、ホメオパシー

いろいろ学びました。

病院に行かなくても、頼れる杖がたくさんでき、

母としての自信がついてきたように感じます。

・・・

その後も、いろいろいろいろありながら、今に至っています。

今思うことは子どもにとっての一番のお薬は

ママの愛情こもった

「だいじょうぶよ。」

この言葉だと強く思います😊


子育てをはじめて18年。

まだまだ疑問はあふれるほどありますが、

価値観の似た人とつながり語ったり勉強し、ともに

高めあっていくことが私にとっての幸せ、とつくづく

感じています。

---

そして、

心と体は繋がっている。

最近、心からそう思います。

心も体、どちらも健全でなければ幸せとは思えません。

私に関わってくださる全ての方が心も体も元気で

幸せでいてほしい、そう願っています。

---

こんな私です。

どうぞよろしくお願い致します😊